引きこもり支援のバンドサークル

楽器練習を飽きないためには「見た目」から

楽器の練習をしているのであれば誰でも上達したいと思うのは当然ですね。上達への道を歩むときに、形から入って上達しようということに何か後ろめたさを感じる事があるかと思います。しかし、継続し上達を目指すために様々なものを貪欲に吸収していこうとする姿勢が無駄になることは無いでしょう。

難しい事は後回し

楽器の上達を目指す上で、理論的なことを基礎から学習することが大事だ。と、優等生的なことが頭をよぎったりすることもありますね。理論的なお勉強になると窮屈に感じてしまい途中で投げてしまうのならば、とにかく形から入って上達してしまおうという考え方もできます。好きな演奏者のフォームを真似て演奏することで何故そのフォームなのかが、体感的に理解できたりするでしょう。バンドサークルで好きなバンドのコピーをして、「自分だったらもっとこういう表現をする」という発想も得られます。仮にファッション的な事であっても興味が続くのならそれも良いと言えます。

楽しく続けることが一番重要

上達には継続が必要なので、飽きてしまったのでは上達もありません。いかに自分を飽きさせないかを考えるのもテクニックと言えるでしょうし、それを見つけることもセンスです。楽しむということは挫折に対抗し得るかなり強力な要素なので形から入るということに恐れずに楽しんで継続していれば上達への道が閉ざされることはないでしょう。