引きこもり支援のバンドサークル

バイオリンは基礎を身に付けてから参加しよう

バイオリン演奏で音楽サークルに参加するなら、基礎をしっかりと身に付けておくことが重要になります。オーケストラにせよ、弦楽アンサンブルにせよ、ブルーグラスにせよ、社会人サークルの場合は基礎を教えてもらうことは難しいので、初心者はまずレッスンに通うとよいでしょう。どのレベルまで上達する必要があるかはサークルによって異なりますので、入りたいサークルがある場合には事前に確認することをおすすめします。
譜面を読めることはもちろんのことですが、ポジション移動やピッチカートができるようになると、サークル活動をより楽しむことができるはずです。
多くのサークルの場合、バイオリンのメンバーが不足していることがよくあります。そのため、それなりのレベルの演奏ができれば参加できるサークルの種類も増えるはずです。レッスンに通うためにはどうしても費用がかかってしまいますが、一度身に付いた技術は一生モノになりますので初期投資を惜しまないようにしましょう。また楽器を貸してくれるサークルは稀ですので、楽器も調達する必要があります。初心者用や中古品でも構いませんので、長く愛用できそうなものを選んで試奏してから購入してください。"