引きこもり支援のバンドサークル

バンドにおけるパーカッショニストについて

パーカッションというパートは様々な打楽器系を扱う事になります。同じ打楽器系のドラムと違い、セットの組み方も無数に存在しています。珍しい民族楽器を取り入れることもあるでしょう。 効果音のような役割の楽器を備えたセットを組み、表現力を豊かにすることもできますが、持ち運びが大変になるので、ボンゴ一つで様々な表現力を習得しておけば持ち運びも容易な楽器なので、フットワークを軽くすることも可能です。
パーカッショニストとして音楽サークルに参加する場合はジャンルによって需要が変わってくるでしょう。ジャズ、ファンク、フュージョン、ルーツロックレゲエ等はバンド形式の編成で、パーカッショニストが用いられることが多いです。バンドにパーカッションを取り入れるとリズムパートに彩りを加え、中低域から中高域あたりに細かいリズムの引っ掛かりをつけたり、演奏全体のアタック感に変化をつけたりできます。
伴奏のリズムや音色がシンプルでリズム感がある大人ウケするようなジャンルにマッチするので、社会人向けサークルを探してみると良い結果が得られる可能性があります。 自分のパートに需要のあるジャンルについて常にアンテナを張って置くことで参加すべき場所も探しやすくなるでしょう。